ペニス増大サプリについて徹底解析し、悩みを抱える男性の方をサポートします。

短小のデメリット

短小のデメリット
サイズで悩む男性は多いと言われています。

いわゆる短小のデメリットとはなんでしょう?

やはり一番多く言われているのが、女性を落胆させてしまうことです。
サイズで悩む男性へ 満足のいく挿入の時間は、だいたい20分~30分と言われていて、その際に「包みこむような温かさ」が必要という声もあります。
性行為時には体をあっためるように抱擁をし、膣もペニスで満たすことが大事なのです。
ですから、短小、もしくは早漏で、ペニスが萎むと、女性は満足を得にくいのです。

女性の性感帯はGスポットやポルチオが有名ですが、これらも短小では刺激がしくにいという問題があります。
女性が最も快感を得る膣内の性感帯が、「奥側ポルチオ」と呼ばれる性感帯です。
子宮頸部のさらに奥に位置する性感帯で、指でもなかなか届かない箇所です。
クリトリスでの絶頂は比較的早く感じることができますが、達している時間は、だいたい数秒から数十秒と比較的短いです。
それに対し、奥側ポルチオで感じる絶頂は、重厚感があり、強烈な快感です。
ペニスが大きくて長い男性は、膣口から比較的近い位置にあるGスポットは勿論、膣の奥にあるポルチオも刺激することができます。
このことにより女性も快感を得ることができますが、短小の場合、ポルチオまでペニスがなかなか届きません。
届いたとしても、子宮に響くように突くことは難しいです。
それどころか、サイズが小さいと、ペニスと膣壁との間に強い摩擦が生まれづらい為、Gスポットも上手く刺激できない可能性すらあります。
その場合、女性は快感を得られないないどころか、挿入されている感覚もはっきりとは感じにくくなる場合もあります。

さらに包茎との因果関係もあり、ペニスがたくましく勃起すると皮がむけて亀頭がむき出しになりますが、短小の場合、日常的に皮にかぶっていることがあります。
つまりそうなってしまうと、包茎になる可能性もあります。
それは、様々な白いカスがたまってしまって、カスだけではなく、バイ菌までため込んでしまうという可能性もあります。
自分だけではなく、女性にもうつしてしまう危険すらあるのです。
しかし、一番の問題は、男性として自信がなくなってしまうという精神的なものかもしれません。
短小が原因で、女性に対し、消極的になってしまう男性も多くいるようです。

包茎ペニスのデメリット

包茎ペニスのデメリット
包茎のデメリットは、やはり見栄えがよくない為、男性として大きなコンプレックスとなります。
悩みすぎると心因性勃起不全となる可能性まであります。
また、亀頭が包皮に覆われていることで、刺激に弱くなり、少しのことで射精し易くなってしまいます。つまり早漏になり易くなってしまうのです。

性行為時には、女性が感じにくいというケースもあります。
これは挿入中に包皮がずれることによって摩擦が減り、膣壁をこすりにくくなるためです。
人によっては、性行為時、痛みを感じる場合があります。
包茎のデメリット
真性の場合、亀頭と包皮が癒着をしていて剥そうとすると痛みを生じてしまいます。
挿入中に包皮が膣壁で引っ張られることによって、癒着部が刺激されて、性交痛を感じてしまうことがあります。

カントンの場合、勃起時に包皮口の締め付けで痛みがあることがあります。
さらに、異臭、不衛生などの問題もあり、特に蒸れやすい時期は、強烈なチーズ臭を放ってしまう場合もあります。
亀頭が湿って雑菌が繁殖すると臭いもきつくなります。
汗をかいて放置していると汗臭くなりますが、それと同じ仕組みで、汗を栄養にし、雑菌が繁殖することで汗臭いということになってしまうのです。

包皮には「恥垢」と呼ばれるものが溜まり易く、とても不衛生になってしまいます。
また、基本的にペニスは乾燥状態にあり、乾燥していることによって衛生的な状態を保っています。
ところが、亀頭が覆われていると蒸れてしまったり、尿が亀頭と包皮の間に残って湿った状態になります。そうすると、そこで雑菌が繁殖してしまうことになります。
そのため、亀頭に痒みや赤みが発生したり、亀頭炎や包皮炎などが発症し易くなってしまうのです。
ペニスが不衛生だと自分が嫌なのは勿論、女性の方が絶対嫌だと感じているでしょう。

性病などの病気にも感染し易くなってしまうので、衛生面にはかなり気をつかわなくてはいけません。
包茎の場合、亀頭包皮炎、陰茎ガン、閉塞性乾燥性亀頭炎、紅色肥厚症、嵌頓(かんとん)包茎、性病・性感染症などに特にかかり易くなってしまうと言われています。
しかも、皮をかぶっていることで、ペニスの成長が阻害されてしまい、短小や先細りとなりやすかったりもします。
このように、包茎はメリットは殆どないので、なんとかしたいところです。